お知らせ&実践研究レポート

日経新聞「記者の目」
2020.06.18

日経新聞に、「AGC、コロナに耐える「両利きの経営」」という記事が掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60356140V10C20A6000000/

 

私のコメントも掲載されております。両利きの経営が成立するには、単なるコア事業と探索事業を分離するだけでは不十分で、部分的な統合も必要となる点が重要です。

 

2020年は中計策定(見直し)をされる会社が多いと思います。単なる既存事業の積み上げ方式ではなく、経営の意志と覚悟を込めた中計を策定するには、AGCの事例はご参考になるところが多いのではないでしょうか。まさしく、事業のトランスフォーメーションです。

書評掲載『両利きの組織をつくる』
2020.05.15

最近の書評で、『両利きの組織をつくる』が取り上げられました。
ポスト・コロナ/ウィズ・コロナという事業環境の中で、「両利きの経営」が”移行期のマネジメント手法”として注目されているように感じます。

 

●HONZ:日本企業の変革を阻む惰性力とそれを打ち破る組織経営論とは

https://honz.jp/articles/-/45631

 

●ダイヤモンド・オンライン:コロナ禍に負けない、攻めと守りの「両利き組織」の作り方

https://diamond.jp/articles/-/235785

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科で講座を担当します。
2020.03.31

2020年秋学期より、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科において、兼任講師として「社会組織開発論」を担当します。

 

主に社会人大学院生の方たちを対象に、事業会社の組織開発だけでなく、非営利組織の組織開発も射程に入れた授業を目指します。募集人員に余裕があれば、学外の方も聴講できると思いますので、ご興味のある方は研究科事務室にお問い合わせください。

3月31日(火)BS-TBS「報道1930」に出演します
2020.03.28

3月31日(火)19:30~、BS-TBS「報道1930」にて、「両利きの経営」の特集が組まれます。

代表の加藤がスタジオでコメンテーターとして、ゲスト出演します。

 

AGCの事例、オライリー先生のインタビュー、和歌山有田病院など、事業育成だけでなく、危機管理の側面からも「両利きの経営」に迫ります。目の前の感染の現実を静かに受け止めつつ、コロナ後の世界も大胆に見据えつつ、生放送でコメントする予定です。

『両利きの組織をつくる』Amazonベストセラー1位(企業経営一般)継続中
2020.03.28

『両利きの組織をつくる』が刊行されて3週間が経ちましたが、お陰様で、Amazonベストセラー1位(企業経営一般)を継続しております。

 

少しずつ経営層の方たちからも感想を頂いております。某社のCEOからは、「本書で伝えたい組織カルチャーというのは、”組織の性格”みたいなものだね。”組織の性格”にあったトップの経営が必要だよな」という感想をいただきました。「両利きの経営」という理論とAGCの事例を通じて、組織アラインメントの形成-特に組織カルチャーの大切さが、経営層の皆さんの問題意識に届けば嬉しく思います。

 

2011年に刊行した『自分を立てなおす対話』は組織の中で働く人を対象に、2017年の『組織は変われるか?』は組織変革に従事する事務局の人たちを対象に、今回の本書は経営層を対象に書きました。これで私の三部作は完成となります。これまで、実践の機会を与えてくださったクライアント企業の皆様に改めて感謝申し上げます。

ページトップへ戻る