お知らせ&実践研究レポート

本年も宜しくお願い申し上げます。
2018.01.08

本年も宜しくお願い申し上げます。

お陰様で、最新刊『組織は変われるか』は、ご好評を頂いています。

1月8日現在で、Amazonの「経営診断」でベストセラー1位、「企業革新」では2位を継続中です。
クライアントの皆さまのご支援に感謝申し上げます。

『組織は変われるか』Amazonベストセラー第1位(経営診断)
2017.12.18

お陰様で、拙著『組織は変われるか-経営トップから始まる組織開発』が、Amazonベストセラー第1位(経営診断)にランクインしました(12/18現在)。個人的な実践論が、多くの実務家・実践家の皆様に好意的に受けとめて頂いたものと感謝しております。

新刊書『組織は変われるか』上梓のお知らせ
2017.11.24

このたび、12月13日に英治出版より、『組織は変われるか-経営トップから始まる組織開発』を上梓させて頂きます。主に日系企業において実践してきた、17年間の試行錯誤の結果をようやく一冊の本にまとめることができました。刊行にあたり、AGC旭硝子の島村CEO、南山大学の中村和彦教授から、推薦のお言葉を頂きました。

 

本書では、架空の企業におけるストーリー形式で、リアルな組織開発を実践する上での要諦をまとめてみました。企業内研修とは異なり、組織開発を実践するには、キレイごとでは済まない場面に遭遇します。これまでの翻訳本や研究書とは異なる角度で、組織開発の実態に迫ることを意識しました。経営企画や人事の実務家の傍らに置いていただけるような本となって、日系企業の競争力向上にお役に立てれば幸いです。

経営幹部による対話合宿
2017.02.07

久しぶりの投稿になります。
ここ数年、経営幹部の対話合宿をファシリテーションさせて頂く機会が急激に増えてきました。
個人的に合宿ブームだと騒ぎ立てていたのですが、特定の経営幹部のエグゼクティブ・コーチングを
入口に、幹部全体の対話合宿につなげるケースが多くなってきています。特に組織変革を進める際には、
まず幹部による対話合宿を実施することで、変革気運が高まり、確かな手ごたえを感じています。

いつか実践組織開発として本にまとめたいと考えていますが、現時点で公開できるのは以下のような
展開イメージです。

 

①経営トップによるコミットメント
②変革気運の醸成 ⇒ 役員による対話合宿
③変革事例の創出 ⇒ 部長層への働きかけ
④変革事例のヨコ展開
⑤仕組み・制度への落とし込み

 

これまで③を個別に支援することが多かったのですが、昨年夏からの某大手メーカーの経営企画部の
皆さんとの取り組みの中で、①~⑤までの一連の流れとして構造化できるようになった感があります。

「経営トップから始まる組織開発」の全体観というところでしょうか。

ファシリテーターとして合宿当日の真剣勝負は勿論ですが、尊敬できる経営トップと熱心な合宿事務局
との事前事後の協働作業は、苦楽を共にする同志のような感覚をもたらしてくれます。

孤独な独立系コンサルタントにとって、エグゼクティブ・コーチングと組織開発ファシリテーションが
統合される幹部合宿は、まさに仕事の醍醐味であります。

一橋ビジネスレビューに寄稿しました
2016.03.13

2016年春号の「一橋ビジネスレビュー」(東洋経済新報社)に、「経営を読み解くキーワード」というコラム欄に、『対話型組織開発』を寄稿しました。対話型組織開発が広がりを見せていますが、その帰結(成果)はどうしても曖昧なものになりがちでした。今回のコラムでは、対話型組織開発が経営人材の発掘につながる点を書いてみました。寄稿の機会をいただきました、軽部先生(一橋大学イノベーション研究センター)に感謝申し上げます。

カレンダー

2018年5月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Recent Entry

Category

ページトップへ戻る