実践研究レポート

スタンフォード大学経営大学院 エグゼクティブ・プログラム参加日記
2019.12.14

10月末~11月初旬にかけて、恩師であるオライリー先生に招んでいただいて、スタンフォード大学経営大学院(GSB)のエグゼクティブ・プログラムのひとつであるLCOR(Leading Change and Organizational Renewal)に参加してきました。「両利きの経営」の概念だけでなく、組織の進化するメカニズムを体系的に学び直せたことは大きな収穫でした。Fortune500やGAFAの幹部だけでなく、州政府や国防総省・海軍・空軍の幹部もプログラムに参加しており、「両利きの経営」に対する関心の高まりをリアルに感じました。

 

現在、オライリー先生・奥様のシェーデ先生と三人で、日本企業のビジネス・ケースを仕上げています。本ケースは、日本企業による「両利きの経営」の初ケースとなるでしょう。また本ケースを基にした、共著本を先生たちと執筆中です。今回の渡米の成果を生かした仕上がりとなるよう奮闘中です。2020年2月下旬に刊行予定です。ご期待ください!

 

 

ページトップへ戻る