実践研究レポート

「両利きの経営」のケースが完成しました!
2020.01.10

本年も宜しくお願い致します。

 

お陰様で、オライリー教授(スタンフォード経営大学院教授、「両利きの経営」の提唱者)・シェーデ教授(カリフォルニア大学サンディエゴ校国際政策・戦略研究大学院教授)と取り組んできたスタンフォード大学経営大学院のケースが遂に完成しました。日本を代表する素材メーカー、株式会社AGC(旧旭硝子)における組織変革事例です。

https://www.gsb.stanford.edu/faculty-research/case-studies/agc-inc-2019-your-dreams-challenge

 

本ケースは、2015年1月にCEOに就任された島村琢哉氏が主導した組織変革の取組みを、「両利きの経営」の実践事例としてケース化したものです。日本企業では初めての「両利きの経営」のケースであり、また成熟企業における対話型組織開発のケース(組織カルチャー変革)としても貴重なものです。

 

今後、本ケースはスタンフォード経営大学院やハーバード・ビジネススクールにおいて、「両利きの経営」理論の研究教材として、またリーダーシップ論・組織行動論のディスカッション教材としても活用される予定です。

 

また、私と教授夫妻の共著の形で、本研究をベースにした書籍が刊行される予定です。オライリー教授を招聘した出版記念イベントも計画されておりますので、よろしければご参加ください。

 

 

 

ページトップへ戻る