お知らせ&実践研究レポート

2/24(祝) 出版記念講演会を開催します。
2020.01.21

 

「両利きの経営」の提唱者である恩師チャールズ・オライリー教授(スタンフォード大学経営大学院)・ウリケ・シェーデ教授(カリフォルニア大学グローバル政策・戦略大学院教授)との共著『両利きの組織をつくる−大企業病を打破する「攻めと守りの経営」』を刊行します(英治出版、3月初旬刊行予定)。

 

日本を代表する素材メーカーAGC(旧旭硝子)において、2015年1月から島村CEOが主導した組織変革の軌跡は、オライリー教授によって日本企業としては「両利きの経営」の初の研究対象となりました。新刊書は、スタンフォード経営大学院で作成されたビジネス・ケースをベースとした「両利きの経営を実現するための組織開発論」です。

 

この度、2/24(祝)立教大学にて、出版記念イベントを開催することになりました。提唱者本人が、本来の「両利きの経営」論を語り、AGCの島村CEOも登壇されます。フル・スポンサーとして日本経済新聞社にご支援いただくので、本イベントは無料となります。ご興味のある方はお早めにご応募ください。また英治出版のご厚意で、当日には新著も無料で配布される予定です。

 

申し込みは下記のサイトからお願いします。(応募者多数の場合は抽選になります)。

https://school.nikkei.co.jp/seminar/article.aspx…

「両利きの経営」のケースが完成しました!
2020.01.10

本年も宜しくお願い致します。

 

お陰様で、オライリー教授(スタンフォード経営大学院教授、「両利きの経営」の提唱者)・シェーデ教授(カリフォルニア大学サンディエゴ校国際政策・戦略研究大学院教授)と取り組んできたスタンフォード大学経営大学院のケースが遂に完成しました。日本を代表する素材メーカー、株式会社AGC(旧旭硝子)における組織変革事例です。

https://www.gsb.stanford.edu/faculty-research/case-studies/agc-inc-2019-your-dreams-challenge

 

本ケースは、2015年1月にCEOに就任された島村琢哉氏が主導した組織変革の取組みを、「両利きの経営」の実践事例としてケース化したものです。日本企業では初めての「両利きの経営」のケースであり、また成熟企業における対話型組織開発のケース(組織カルチャー変革)としても貴重なものです。

 

今後、本ケースはスタンフォード経営大学院やハーバード・ビジネススクールにおいて、「両利きの経営」理論の研究教材として、またリーダーシップ論・組織行動論のディスカッション教材としても活用される予定です。

 

また、私と教授夫妻の共著の形で、本研究をベースにした書籍が刊行される予定です。オライリー教授を招聘した出版記念イベントも計画されておりますので、よろしければご参加ください。

 

 

 

スタンフォード大学経営大学院 エグゼクティブ・プログラム参加日記
2019.12.14

10月末~11月初旬にかけて、恩師であるオライリー先生に招んでいただいて、スタンフォード大学経営大学院(GSB)のエグゼクティブ・プログラムのひとつであるLCOR(Leading Change and Organizational Renewal)に参加してきました。「両利きの経営」の概念だけでなく、組織の進化するメカニズムを体系的に学び直せたことは大きな収穫でした。Fortune500やGAFAの幹部だけでなく、州政府や国防総省・海軍・空軍の幹部もプログラムに参加しており、「両利きの経営」に対する関心の高まりをリアルに感じました。

 

現在、オライリー先生・奥様のシェーデ先生と三人で、日本企業のビジネス・ケースを仕上げています。本ケースは、日本企業による「両利きの経営」の初ケースとなるでしょう。また本ケースを基にした、共著本を先生たちと執筆中です。今回の渡米の成果を生かした仕上がりとなるよう奮闘中です。2020年2月下旬に刊行予定です。ご期待ください!

 

 

本年も宜しくお願い致します。
2019.01.27

新年のご挨拶が遅くなりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

昨年12月に、初めて翻訳本の解説をさせて頂きました。海外の事例研究を自分の経験に引き寄せて読むためには、どういう補助線を引いたらよいのか、考えなおす機会を頂きました。英治出版の皆さんに感謝申し上げます。

 

今年は海外の研究者と共同で、日本企業における組織開発の本格的な事例研究(ケース・スタディ)を行います。どこまで日本型組織における変革事例に迫れるか、ご期待ください。経営者と事務局の間で、組織変革の共通認識が生まれるような内容を目指します。

 

また組織開発支援と並行して、ガバナンス・コードに基づくサクセッション・プランニング(後継者育成)の事例も積みあがってきました。後継候補者に対して、実際にエグゼクティブ・コーチングがどのように機能しているのか、実践事例を公開していく予定です。指名報酬委員会における議論の参考となれば幸いです。

 

 

日経広告:組織は変われるか?
2018.09.24

2018年度上期メディア取材一覧
2018.09.24

今年度にメディアに掲載されたものをまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

 

1.ビズジン:AGC島村CEOとの対談

https://bizzine.jp/article/detail/2794

https://bizzine.jp/article/detail/2795

 

2.Newspicks

https://creator.newspicks.com/shared.html?c=HxaWqP6gBPA%3D

本年も宜しくお願い申し上げます。
2018.01.08

本年も宜しくお願い申し上げます。

お陰様で、最新刊『組織は変われるか』は、ご好評を頂いています。

1月8日現在で、Amazonの「経営診断」でベストセラー1位、「企業革新」では2位を継続中です。
クライアントの皆さまのご支援に感謝申し上げます。

『組織は変われるか』Amazonベストセラー第1位(経営診断)
2017.12.18

お陰様で、拙著『組織は変われるか-経営トップから始まる組織開発』が、Amazonベストセラー第1位(経営診断)にランクインしました(12/18現在)。個人的な実践論が、多くの実務家・実践家の皆様に好意的に受けとめて頂いたものと感謝しております。

新刊書『組織は変われるか』上梓のお知らせ
2017.11.24

このたび、12月13日に英治出版より、『組織は変われるか-経営トップから始まる組織開発』を上梓させて頂きます。主に日系企業において実践してきた、17年間の試行錯誤の結果をようやく一冊の本にまとめることができました。刊行にあたり、AGC旭硝子の島村CEO、南山大学の中村和彦教授から、推薦のお言葉を頂きました。

 

本書では、架空の企業におけるストーリー形式で、リアルな組織開発を実践する上での要諦をまとめてみました。企業内研修とは異なり、組織開発を実践するには、キレイごとでは済まない場面に遭遇します。これまでの翻訳本や研究書とは異なる角度で、組織開発の実態に迫ることを意識しました。経営企画や人事の実務家の傍らに置いていただけるような本となって、日系企業の競争力向上にお役に立てれば幸いです。

経営幹部による対話合宿
2017.02.07

久しぶりの投稿になります。
ここ数年、経営幹部の対話合宿をファシリテーションさせて頂く機会が急激に増えてきました。
個人的に合宿ブームだと騒ぎ立てていたのですが、特定の経営幹部のエグゼクティブ・コーチングを
入口に、幹部全体の対話合宿につなげるケースが多くなってきています。特に組織変革を進める際には、
まず幹部による対話合宿を実施することで、変革気運が高まり、確かな手ごたえを感じています。

いつか実践組織開発として本にまとめたいと考えていますが、現時点で公開できるのは以下のような
展開イメージです。

 

①経営トップによるコミットメント
②変革気運の醸成 ⇒ 役員による対話合宿
③変革事例の創出 ⇒ 部長層への働きかけ
④変革事例のヨコ展開
⑤仕組み・制度への落とし込み

 

これまで③を個別に支援することが多かったのですが、昨年夏からの某大手メーカーの経営企画部の
皆さんとの取り組みの中で、①~⑤までの一連の流れとして構造化できるようになった感があります。

「経営トップから始まる組織開発」の全体観というところでしょうか。

ファシリテーターとして合宿当日の真剣勝負は勿論ですが、尊敬できる経営トップと熱心な合宿事務局
との事前事後の協働作業は、苦楽を共にする同志のような感覚をもたらしてくれます。

孤独な独立系コンサルタントにとって、エグゼクティブ・コーチングと組織開発ファシリテーションが
統合される幹部合宿は、まさに仕事の醍醐味であります。

ページトップへ戻る